ノンカフェイン カフェインレス カフェインの悪影響 デメリット

カフェインが体へ及ぼす悪影響・デメリット

カフェインが体へ及ぼす悪影響・デメリット

 

 

 

多くの人が日常的に楽しんでいるコーヒー・紅茶・緑茶などにはカフェインが含まれています。 ただしカフェインは脳神経系に作用するので、過剰摂取は健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

カフェイン摂取による悪影響やデメリットは様々なものがあげられていますが、全ての人にその症状が出るとは限りません。また広く浸透している説でも、根拠が不明確なものも数多くあります。

 

 

不眠

 

カフェインの覚醒作用により、寝つきが悪くなる睡眠の質を下げると言われています。また、利用作用もありますので、夜中にトイレに行きたくなり目が覚める場合もあります。

 

 

中毒性

 

カフェインを常用することで慢性カフェイン中毒になる可能性があります。カフェインの摂取を中断した時の症状として、頭痛イライラ感などが出る場合があります。

 

 

頭痛

 

カフェインを摂取することで一時的に頭痛が軽減する場合がありますが、その効果が薄れると反動でより強い頭痛を感じることがあります。

 

 

血圧の上昇

 

カフェインを常用することにより血圧が上昇する可能性が報告されています。

 

 

骨粗鬆症

 

カフェインの利尿作用により、尿と一緒にカルシウムが排出されるため、骨が弱くなると言われています。

 

 

妊娠中の胎児への影響

 

胎児はまだ体の機能が未熟なため、カフェインをうまく排出できない可能性があると言われています。また、胎盤の血流が悪くなるので胎児へ影響があるという説もあります。ただし少量であれば問題がないという意見もあります。

 

 

身体を冷やす

 

カフェインの利用作用効果により、尿が排出される際に体温がうばわれ冷えやすいという説があります。また東洋医学的にはカフェインは内臓を冷やすと言われています。