ノンカフェイン カフェインレス 抗うつ剤とカフェインの関係

デプロメールやルボックスなどの抗うつ剤とカフェインの関係

デプロメールやルボックスなどの抗うつ剤とカフェインの関係

 

 

 

デプロメールやルボックスなどの抗うつ剤を服用している場合、カフェインの代謝が通常よりも遅くなり、結果として体内におけるカフェインの濃度が高くなる可能性があります。分かりやすい例を出すと、コーヒーを1杯飲んだとしても、体内にはコーヒーを数杯飲んだ時のカフェインの作用があるということです。

 

新しく薬を飲み始める場合、何か治療を受ける場合には、担当医にカフェインとの関係を確認しておくと安心ですね。