ノンカフェイン カフェインレス 飲み物 セロトニン カフェイン

カフェインとセロトニンの関係

カフェインとセロトニンとの関係

 

 

 

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、心に安定感や満足感などを与えてくれる神経伝達物質のひとつです。一方、カフェインには心身を興奮状態にするアドレナリンを放出させる作用があると言われています。つまり両者の働きは相反するものとなります。

 

というわけで、カフェインはセロトニンの働きを邪魔するものともいえますが、コーヒーを飲むことで癒される人も沢山いるのが現実です。この場合、コーヒーをゆっくり飲むというシチュエーションや、コーヒーの香りが心に癒しを与えている場合が多いです。ノンカフェインのコーヒーを飲むことで、セロトニンの働きを妨げず、コーヒーの香りで癒されることが可能となります。