ノンカフェイン カフェインレス チョコレートのカフェイン量

チョコレートに含まれるカフェイン量って一体どれくらい?

チョコレートに含まれるカフェイン量

 

 

 

チョコレートはカカオの含有量によりカフェイン量が変わってきます。高カカオのチョコレートはカフェイン量が高く、ミルクチョコレートなどはカフェイン量が低いと言われています。ただし、メーカーによりカカオ分が同じでもカフェイン量には違いがあります。

 

 

 

国民生活センターの報告による100g中のカフェイン量は以下となります。

 

普通のチョコレート(カカオ分33〜41%)は25〜36mg
高カカオのチョコレート(カカオ分70〜99%)は68〜120mg

 

 

 

明治製菓のホームページには以下のように記されています。

 

コーヒーやお茶に比べ、チョコレートはカフェイン含有量が少ないため、興奮作用や利尿作用はほとんどありません。ちなみに、明治ミルクチョコレート1枚(55g)のカフェイン量はレギュラーコーヒー1杯の1/5程度です。カフェイン含有量が少ないため、外装への記載は特に行っておりません。